会話 プレゼン 合唱 カラオケ 発声練習 発声方法

歌を歌う時の発声方法の基本について

スポンサーリンク

歌を歌う時の発声方法の基本について

 

 歌を歌う機会はプロでなくとも意外と結構あるものです。
 カラオケに行った時や結婚式の二次会の出し物などいろいろあったりします。
 そのような場所で、上手に歌を歌うことができれば、自分自身にとっても嬉しいことだと思います。
 上手に歌を歌うためには、まず発声の基本を押さえることです。そうすることで、気持ちよく歌えればとても歌が楽しくなるでしょう。
 そのようになるためには、まず発生の呼吸法から勉強していきましょう。
 発声のときの呼吸法はどのようにすればいいのかというと、必ず腹式呼吸で行うようにしましょう。
 腹式呼吸を分かりやすくいうと、お腹から声を出すという感覚です。
 感覚的なものなので、ピンと来ないかもしれません。ピンと来ないのであれば、仰向けに寝てるときの呼吸を想像してください。あおむけで寝てるときの呼吸は腹式呼吸になっています。あおむけで寝ているときに、息を吸い込むと必ずお腹が膨らみますので、その感覚を覚えておきましょう。
 その感覚を思い出して、腹式呼吸の練習を行うようにしましょう。
 しっかりした呼吸法を身につけることで、大きく綺麗な声をしっかりと出せるようになります。

スポンサーリンク

 複式呼吸の基本を身につけるための練習は両足で立っている状態で行うようにしましょう。
 まず、体の中にある空気を全て吐き出すようにしましょう。それから、お腹の下をめがけるようなイメージで空気を限界まで吸うようなイメージです。
 この時に肩が上がってしまうようであれば、腹式呼吸ができていないということになります。
 そのようなときは肩が上がらないようになるまで、腹式呼吸の練習をひたすらすることになります。
 肩が上がらないようになれば、まずはそのままお腹の力だけを使って声を出してしましょう。
 声を出すときに、喉は全く使わないようにしてみましょう。
 喉を全く使わずに断続的に声を出し続けてみましょう。それができでば、次のステップです。次に、一つの音を伸ばして発声してみましょう。
 このときに、お腹を使えていれば力が軽く入る感じがするでしょう。
 また、一つの音を伸ばして発生しているときに、お腹に力を入れてみましょう。そして、空気をお腹に留めるようにしてみましょう。
 この行動が発声するときの基本です。ですから、以上のことが身体にしみつくようにしたいところです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加