滑舌 割り箸 奥歯

滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う

スポンサーリンク

滑舌が悪いというのは、言葉をきちんと発音することが出来ずに聞き取りにくかったり、周りの人に話を理解されないなどの状態をいいます。
滑舌が良いほうが発音がきれいで聞き取りやすく、聞き返されるなど日常生活での問題も少ない傾向にあります。
滑舌が悪くなる原因には、主に舌の筋肉の衰えがあります。
舌の筋肉が衰えることで上手く発音が出来なくなります。
他には歯並びやかみ合わせが悪いことも関係していると考えられています。
話し方の癖で音を明確に発声することが出来ない、音の発声が出来ても音がつぶれてしまうことなどもあります。
一般的に、ボイストレーニングなどを定期的に行っていくことで、徐々に改善することが出来ると言われています。
しかし、奥歯で割り箸をくわえる訓練をすることで症状を改善させることが出来ると言われています。
ボイストレーニングにわざわざ通う手間を省き、自宅でもっと手軽に症状を改善させたい人に向いていると言えます。

スポンサーリンク

奥歯で割り箸をくわえて症状を改善する方法は、割っていない状態の割り箸を2本用意します。
左右の奥歯に1本ずつ割り箸を入れて、先端部分が奥歯に当たるようにします。
そして唇を軽く閉じた状態で、発声するようにします。
唇の動きに頼らずに、舌の働きを最大限に引き出す効果があると言われています。
舌を動かすように母音を発声するようにすると、舌をしっかりと鍛えることが出来るようになります。
割り箸の太くなっている側を奥歯でくわえて、口をなるべく大きく開いて母音を発音するようにすると同時に舌と表情筋を鍛えることが出来るともいわれています。
滑舌の状態にも、人によって程度はそれぞれありますが比較的症状が重くないよう場合であれば、ボイストレーニングなど専門的な訓練を行わなくても、自宅で割り箸を使って発声練習を行うことで症状は十分に改善されることがあると考えられています。
1日数分の訓練を行っていくのが理想であると言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について