発声練習 ピアノ伴奏 楽譜

ピアノ伴奏による発声練習に最適な楽譜

スポンサーリンク

 ここではピアノ伴奏を行いながら、その演奏に合わせて発声練習を行うのに適した楽譜についてまとめています。
個人で行う練習の場合には、小中学校の音楽の授業で活用するようなシンプルな楽譜を活用して練習を行うと、比較的楽しく練習ができます。
小中学校の音楽の授業で活用している楽譜はピアノやギターの伴奏に合わせて発声練習しやすいようになっており、子供からお年寄りまで幅広い世代の人と一緒に練習することが出来るため、楽しく発声練習をする事が可能です。
ピアノ伴奏を行う時には楽譜にコードが表記されているため、このコード表記に従いながら練習を行うだけでも簡単に伴奏が作れます。
コード表記を見ながら、それに併せてピアノ伴奏をするのが難しいという場合にはキーボードなどの自動伴奏システムを活用するのが便利です。
キーボードなどの伴奏機能は、鍵盤をひとつ抑えるだけでも自動的に伴奏を作る事ができて便利です。
例えば譜面上に「C」の表記があった時には「ド」の鍵盤を抑える事で、伴奏が自動的に作成されスピーカーから音楽が流れます。

スポンサーリンク

発声練習を行う時には、なるべく斜め上を向いて歌うことが大切です。
空気の通りが良くなり声の出も良くなります。
正しい発声の姿勢を確認してから、「アー」と声を出してみて、響きの良い発声を行う事ができる姿勢を確認してから歌を歌うことが大切です。
最初のうちは、音程を気にする必要はありません。
とにかく最初は歌を歌って良い声の響きを作り出す事ができれば、次第に音程も意識するようになるためです。
音程を整えるときには、顔の前に楽譜を置いておき、自分に向かって声が跳ね返ってくるように工夫をしてから発声練習を行う事が大切です。
楽譜の譜面を顔の前に置いて発声練習を行ってみると、不思議と自分の声が体感しやすく、また音程を整えるように工夫する事ができるようになります。
音痴の原因のひとつは、実は音感ではなく自分の声をよく意識していないために起こります。
自分の声をしっかり聞き取る事が難しい場合、その音程が正しい音程だと認識して音痴になってしまうのです。
しかし自分の音程を意識して歌い、正しく補正できれば練習次第で徐々に音痴が改善できるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

合唱の発声練習と楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
発声練習と音階や楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
小学生における楽譜を使用した発声練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
楽譜を使った発声練習で楽しく音楽練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について