合唱 発声練習 楽譜

合唱の発声練習と楽譜について

スポンサーリンク

 音楽に携わっているという人は、しっかりと演奏をしたり声を出すということを重要視しています。
その中でよい声を出すために行われている練習が発声練習になります。
発声練習とはよい声を出すための練習方法となりますが、誰にでもできるような方法から行うというのが一つのポイントとなっています。
実際に合唱をするときにはそれぞれが練習を行っていますが、さまざまなパターンの練習が行われています。
その練習パターンの中で、どれが一番いい方法であるのかということは一概には言えません。
それはなぜなのかというと、実際に練習をする人の人数や年齢構成、このほかには合唱経験があるかないかなどによって適切な方法があるからです。
この中で基本的なことは、誰にもできるようなものから挑戦していくということになります。
合唱の際に発声練習をするポイントとしては次のようなものがあります。
まずはハミングの練習に効果的な発生というものがあります。

スポンサーリンク

楽譜を見て行うというのが大切になりますが、ハミング練習を行うときには、よく響かせるということを意識します。
口を閉じて行うようになっていますが、閉じた口を固く結んでしまわないように注意をします。
よく響かせるためには、口元は緩めておくようにします。
楽譜を見て音程が低くなってきたときには、少し口を開けてハミングを行うと、喉が閉まるのを防ぐことができます。
ハミングに関しては、発声練習を行うときにウォーミングアップを行うとさらに効果が上がります。
このほかに息をするために効果的な発生というものがあります。
この場合も楽譜があります。
1小節目ははっきりと発音をさせるためのものとなっています。
2小節目はテンポを失わないようにし、息の流れで歌うように心がけます。
この時に注意をしなければいけないことは、息のスピードをしっかりと維持させるということになります。
フレーズの最後まで息を使って歌いきるように練習をすると効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ピアノ伴奏による発声練習に最適な楽譜
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
発声練習と音階や楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
小学生における楽譜を使用した発声練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
楽譜を使った発声練習で楽しく音楽練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について