発声練習 音階 楽譜

発声練習と音階や楽譜について

スポンサーリンク

 歌が上手になりたいと考えている人が多くなっています。
また演劇などをする人も、声をしっかりと出すことができるように訓練をすることがあります。
このようなときに行われているのが発声練習ということになります。
発声練習の中では、さまざまな音階の音を出して、楽譜などを見ながら行っているという人もいます。
しかし発声練習の中では、半音という音階の移動をしっかりとできていないという人が多くなっています。
半音の音階がしっかりと身についていないと、音程が悪くなってしまいます。
半音移動の練習をするときには、しっかりと楽譜と音源で確認をするということが大切です。
音程を正しく発声するための練習方法として、半音移動の練習と全音移動の練習という方法があります。
これらは実際に声に出して音程を取ってみるとわかるようになっています。
発声練習をするときに大切なことがあります。
それは楽譜を読んでピアノを弾いて練習をするということです。

スポンサーリンク

大きくきれいな声を出すということが大切になりますが、声がただ大きいだけではいけません。
正しい音程で歌うことができるように、音感をしっかりと身につけなければいけません。
歌が上手な人というのは、よく通ったきれいな声で、なおかつ音程がしっかりと取れて感情を込めて歌うことができる人となっています。
このように歌うことができるまでには長いトレーニングが必要となります。
耳がよいという人はそれほど苦労することはありませんが、耳があまりよくないという人が、大人になってから音感を身につけるのは非常に難しくなります。
しかししっかりとトレーニングを行うことで改善することができます。
そこで一つの方法として、ピアノやキーボードがあるというような人は、それを使ってトレーニングを行います。
楽譜を身ながらピアノを弾いて、それにあわせて声を出すというようにします。
いろいろな音を弾いてその通りに声を出したり、簡単な曲と一緒に歌っているとさらに効果が高まります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ピアノ伴奏による発声練習に最適な楽譜
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
合唱の発声練習と楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
小学生における楽譜を使用した発声練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
楽譜を使った発声練習で楽しく音楽練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について