音楽 発声練習 楽譜

楽譜を使った発声練習で楽しく音楽練習

スポンサーリンク

発声練習は楽器が必要なく、誰でも手軽に楽しむ事ができる音楽練習です。
また多くの人と音楽を楽しむ事ができるため、みんなで一緒に音楽で交流する事ができるというのも魅力的なポイントのひとつです。
発声練習に活用するための楽譜としては、一般的に販売されている合唱用の楽譜を活用するのもひとつの方法です。
あるいは、もし学校で活用していた音楽の教科書がある場合には、この音楽教科書を発声練習の楽譜として活用するのも良いでしょう。
子供向けであれば、小中学校用の楽譜を活用します。
一方、社会人の音楽グループなどで活用する楽譜としては、中学生から高校生用のものを活用しましょう。
理由としては、発声練習を行う際の声調(楽曲のキー)が、年齢に合わせて作成されているため歌いやすく練習に適している教材でもあるためです。
子供向けのものは、声変わりをする前の子供向けのキーに合わせて表記されているため、子供にとっては歌いやすく工夫されているのです。

スポンサーリンク

楽曲をいきなり歌うのではなく、まずはウォーミングアップのつもりで軽く発声練習を行ってから楽曲を歌うようにすると、無理なく声を出すことができます。
はじめの練習としては、「アー」とか「マー」といった発音でピアノやギターの音程に合わせて声の調子を整えてみましょう。
伴奏を演奏する際には、まずはCキーから始めて、徐々に半音ずつキーを上げていきます。
学生の時に、合唱の練習の前に授業で行っていたような、半音ずつ音程が上がっていく練習が有効です。
半音ずつキーを上げていくので、自分にとって出しやすい声の高さや、あるいは一番高い音のキーを確認する事ができます。
事前に自分の声の高さを確認しながら練習を行いましょう。
可能なら、自分の声をしっかりと意識できるように譜面を顔の前に置いてから、自分の声を聞き取りやすくするようにして発声練習を行う事で、より音程を合わせやすくする事ができます。
個別に音程を合わせるトレーニングを日頃から地道に行っておく事で、発表の際には綺麗に音程が揃って聞こえる美しい合唱に聞こえてきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ピアノ伴奏による発声練習に最適な楽譜
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
合唱の発声練習と楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
発声練習と音階や楽譜について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
小学生における楽譜を使用した発声練習
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について