割り箸 滑舌 福澤

福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる

スポンサーリンク

日頃、人と会話をしたり、発言している際に、言葉がつかえてしまったり、もどかしさを感じたことはありませんか。
それは口のまわりや舌の動き(滑舌)が固くなってしまっているのかもしれません。
その固くなってしまっている滑舌は、身近な道具を使って簡単に鍛えることができます。
現在フリーアナウンサーとして活躍している、福澤朗氏は劇団の研究生時代に訓練したという、滑舌棒を使った訓練法を紹介しています。
福澤氏が常に使用している滑舌棒は15センチくらいの短い長さの細い丸棒ですが、割り箸でも代用できます。
形は平べったいですが、ちょうどいい長さです。
アナウンサー、声優、役者など言葉を仕事にしている人にとっては滑舌の発音の滑らかさはもちろんのことです。
この発音の技術を会得するのも損ではありません。
「言葉がつかえずに上手く喋ることができるようになりたい……」と感じたら、福澤氏のこの訓練法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

訓練方法としては、まず、割り箸を横にして、口にくわえて軽く噛み、さるぐつわをしたような感じの状態で「ブラジル人ミラクルビラ配り」と三回発音します。
はじめは割り箸からヨダレが出て発音がしづらいと思いますが、このままの状態で頑張って発音しましょう。
それから割り箸を外してもう一度、「ブラジル人ミラクルビラ配り」と発音すると不思議なことに滑らかに発音できているはずです。
こうすることによって、口のまわりや舌が鍛えられて動きが柔らかくなっています。
もちろん、これは続けないとまたすぐに口のまわりや舌の動きが固くなってしまいます。
継続して訓練すればより滑舌が滑らかになって発音がしやすくなり、周囲からの好感を得られるかもしれません。
もちろん道具は割り箸だけでなく、ペンや鉛筆など、短くて細長いものならなんでも代用はできます。
常に口や舌は大きく動かして運動させることを忘れずに意識して喋っていけばいずれは綺麗に発声できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について