割り箸 滑舌 サ行

サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう

スポンサーリンク

発音で一番難しいのはサ行といわれているため、滑舌が悪い人はサ行が言いにくいとされます。
かみまくると更に言えなくなるものですが、滑舌の悪さを簡単に改善できる方法があります。
その方法には、割り箸を使用します。
割っていない割り箸を横にして、口にくわえます。
その状態で発声練習をします。
何かをくわえた状態で発声するとまともな声になりませんが、この方法を数時間行うことで滑舌の悪さが改善されます。
この方法はアナウンサーも行っているので、確かな結果があります。
割り箸作戦を行った後にサ行を言ってみると、言えるようになる人が多いです。
滑舌には口周囲の筋肉が重要で、何かをくわえることで口周囲の筋肉に負荷がかかるので筋肉が鍛えられます。
それにより言いにくい状態から解放された時に発声をすると、発声がしやすくなるということです。
実際に行うと口周囲が疲れた感覚になりますが、これは体の筋トレと同じように筋肉が使われた証拠です。

スポンサーリンク

口周囲の筋肉が鍛えられると、滑舌が良くなる他に話しやすくなったり口角が上がるようになります。
シワの予防や改善にもなります。
声を発することが多いミュージシャンや歌手といった人が年齢のわりに若く見えるのは、顔の筋肉をよく使っているからです。
顔の筋肉は人によりよく使う部位が違うので、怒る顔をよくするとそのような顔になりますし、よく笑う人はそのような顔になります。
なので、年齢と共に心が顔に現れやすくなるといわれています。
滑舌が悪いと笑われたりツッコミをされることがあるので、恥ずかしくて人と話せない方もいると思います。
しかしあきらめずに割り箸で改善方法を試してみると良いと思います。
割り箸は手に入りやすいものであり、改善までの時間も数時間でOKです。
時間は個人差があると思いますが、数時間で改善されたとしても毎日行うことが大切です。
筋肉を鍛えるためのものなので、行わない期間が長いと筋肉は衰えます。
毎日でなくとも2日か3日に一回くらいでも良いので、割り箸をくわえて発声練習を行うことで嬉しい結果がえられると思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について