割り箸 口 くわえる 滑舌

滑舌改善で割り箸を口にくわえる

スポンサーリンク

 滑舌が悪く何度も聞き返される人は、早口になりがちであったり口ごもったりして更に聞き取りづらくなってしまう事があります。
滑舌が悪い原因には、舌の形が悪かったり口の筋肉が弱かったりと様々ありますが、自分でトレーニングする事で改善する事が出来ます。
まずは舌の長さが短い為に滑舌が悪くなっている人は、口を大きく開けて舌を伸ばすトレーニングをします。
顎の力が強くなり滑舌が良くなります。
舌を上下左右にゆっくりと出して戻してを繰り返します。
出す時に意識するのはもちろんですが、舌を戻す時も意識して戻します。
ゆっくりと喉の奥の方まで戻す事で、舌全体の力が付いて動きが良くなります。
舌を出しながら同時に声を出しながらトレーニングすると、口の周りの筋肉も同時に鍛えられ滑舌改善に繋がります。
このトレーニングはどんな場所でも出来ますので、自転車に乗っている時やトイレに入っている時など誰にも見つからずに一人で簡単に出来ます。

スポンサーリンク

口の筋肉やあごの力が弱くて滑舌が悪い人は、割り箸をくわえるトレーニングをする事で鍛える事が出来ます。
割り箸を横に一本くわえる事で、イの発声をキープします。
そして発生しながら舌を同時に動かします。
そうする事であごの力をつける事が出来るようになります。
割り箸の本数を徐々に増やしてくわえる事で、笑顔を作る練習にもなり人と話す時の大切なポイントが同時に解消解消する事が出来ます。
大人になって筋肉が緩んでくると、表情が暗くなり怒っているようにみられる事が多くなりがちですが、いつでも笑顔でいる事で安心して見られるようになります。
どんな場所でもできるトレーニングだからこそ、影の努力が効果を表します。
初めのうちは馴れなくて忘れてしまいがちですが、習慣付ける事でトイレや車の中など生活の一部で自然とトレーニングする事が出来るようになります。
割り箸が無い時には、ボールペンやハンカチやなどをくわえる事で代用できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について