滑舌 改善 割り箸

割り箸を使って滑舌を改善する方法

スポンサーリンク

 滑舌が悪いとどうしても相手に伝える時に何度も聞き返されたり、言いたい事が伝わってないと悩む人が多いと思います。
そんな悩みは実は割り箸を使うことによって改善できます。
ではどんな方法でしょうか。
まず1つ目に割ってない割り箸を2本用意し口の両端に縦にはさみます。
そして舌先を下の歯の裏側につけて、らあ・たあ・なあ・かあ・さあ、のア行の後ろに「あ」がつく文字を言っていきます。
これは発声練習で舌の筋肉を鍛えることができます。
発声練習を繰り返し行うことで滑舌の悪さを改善できるのです。
そして2つ目に先ほどと同じように割り箸を用意し同じように奥歯にはさみます。
歯には力を入れず先ほどと同様に今度は「らたさかな」の言葉をしっかりと一文字ずつ読んでいきます。
舌はら以外は歯の裏側に置いておきます。
しっかりと意識し読んでいくことで舌が鍛えられます。
この2つをうまく利用して発声練習を繰り返すことで滑舌の改善が期待することができるのです。

スポンサーリンク

主に舌の使い方が悪かったり、舌の筋肉がうまく使えてないまたは鍛えられていない状態だとこのように滑舌の悪い原因となります。
まず舌が上手に使えていない理由は様々な事が挙げられますが、まず一つに小さい頃の癖が考えられます。
口が閉じている時に舌の位置は上の歯の裏側にぺたっとついていることが基本位置だと言えますが、舌の筋肉が弱っている場合舌が正しい位置ではなく口の下の部分にある場合が多く、いざ話すときに上手に使うことができないというのが考えられます。
また口呼吸などをしている人も滑舌が悪いと言えます。
これは癖だったり気付かない状態の人が多いので口呼吸ではなく鼻呼吸に切り替えるのが大事です。
このように原因は様々挙げられますが、先ほど言ったように割り箸などを使って筋肉や舌を鍛えることが改善の糸口になります。
もちろん割り箸を使わなくても改善できる方法もありますが、このトレーニング方法はアナウンサーなどのプロの人も実践しているやり方なので効果は絶大だと思います。
しっかりと自分の言いたいことが伝わるように諦めずにやることが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について