発声練習 高齢者 パタカラ体操

パタカラ体操の発声練習が高齢者の健康に最適

スポンサーリンク

 加齢によって筋肉量は激減し、自ずと身体は衰えやすくなり、動く・食べる・声を出すなどの日常生活にまで影響を与えてしまいやすく、高齢者の場合にはロコモ予防として下半身の筋肉アップは比較的に視野に入れているものの、口周りとなる筋肉まで意識することは少なく、健康的にも重要と言えるパーツです。
口周りをはじめ、舌の筋肉の衰えによって咀嚼が難しくなったり、上手く声が出ないなどのトラブルを招きやすくなります。
介護の手を不要とするためにも、手軽に行えるパタカラ体操と呼ばれる発声練習を習慣付けて行うことで、口周りの筋力アップに繋げることが可能です。
正しい発声練習によるトレーニングを行うことで、噛む力や飲み込む力、聞き取りやすい声の強弱などに結び付けることができるため、高齢者に適している手軽なトレーニング法と言われています。
パタカラ体操の魅力は口周りや舌の動きにまで働くことにあり、筋肉運動がスムーズに行われると様々なメリットが生まれます。

スポンサーリンク

パタカラ体操となる発声練習を行う場合、お腹に力がしっかり加わるためにも両足を肩幅に広げて立った姿勢や、椅子に座って固定した姿勢で行うことがポイントです。
唇の筋力を鍛えるパの口の動きからスタートし、舌の前方の筋肉を鍛えられるタの動き、舌の後方の筋肉にはカの動き、舌の上方の筋肉にはラの口の動きがポイントとなります。
発声練習ではできる限り大きな声で1つ1つの発音を意識し、口も大きく開けて行います。
高齢者にとって口周りが硬直しやすくなるため、筋力アップを図ることによって発音も安定し、さらにドライマウスに悩むケースが多い年代であるため、唾液の分泌が促進されるなどメリットが多々挙げられています。
慣れるまでは鏡を見ながら口周りを意識して練習するのが適しており、上達具合によってはパタカラの言葉を連ねる言葉遊びを組み入れることにより、会話などもスムーズに行える魅力があり、パパパパタタタタ・パタパタカラカラなどの遊び言葉で練習するのも飽きずに継続できる方法の1つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

高齢者向けの発声練習はカラオケの上達だけではなく健康効果も
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
高齢者の発声練習と評価方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
高齢者の発声練習の方法について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
高齢者の発声練習における発声方法と得られる効果について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について