割り箸 発声 滑舌

割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは

スポンサーリンク

 滑舌が悪い人は、人に何度も聞き返されてしまいます。
その経験から自信がなくなり、大きな声で話さず、更に滑舌が悪くなるという悪循環に陥りがちです。
その悪循環を断ち切るためにも、正しい発声練習を行う必要があります。
 もちろん一番良いのは、専門家の方に見てもらったり、専門学校に通う事なのですが、そんな時間も費用もなかなか捻出できない、というのがほとんどの意見ではないでしょうか。
今回は手軽にできる発声練習法を1つご紹介したいと思います。
 その方法は、『割り箸を口に挟んで練習をする』というものです。
 そもそも、何故滑舌が悪くなるのでしょうか。
その原因は様々ですが、その1つの要因に『口周りの筋肉をよく動かしていない』というものがあります。
自分が思っているよりも少ししか口の筋肉を動かしておらず、その結果として自分の考えていた発音とは別の音に聞こえてしまうのです。
割り箸での訓練では、この部分を鍛える事ができるのです。

スポンサーリンク

 用意するのは割っていない状態の割り箸です。
それを横の状態で、口に加えます。
そのままの形で、発声を繰り返します。
 この状態で発声しようとすると、口が不自由な状態のためいつもよりも負荷がかかります。
それが口の筋肉を鍛える事に繋がるのです。
しばらくこの状態で練習をすると、慣れない人は非常に疲れる事でしょう。
 これを毎日のようにしっかり繰り返すと、効果は必ず現れます。
滑舌が悪いと悩んでいる人は、まずはこのようなお手軽な方法で試してみましょう。
 もちろん、滑舌の悪さの原因は他にもある事が多く、これだけで全てが解決するわけではありません。
しかし、このように1つ1つ原因を潰してゆけば、必ず良い発声を得ることは可能です。
 『良い声で、しっかりと発声する』という事は、まるで生まれついての才能のように思われがちですが、ある程度の部分は努力でカバーが可能です。
日常生活で使用するレベルなら尚更でしょう。
滑舌は少しの努力で改善が出来るのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について