高齢者 発声練習 方法

高齢者の発声練習の方法について

スポンサーリンク

 高齢者が発声練習を行う方法については、様々な手段が挙げられます。
例えば、民謡や昔の童話などを大声で歌う事が発声練習となります。
人間は高齢化によって、口の動きが遅くなったり、筋肉が衰えてしまう場合があります。
しかしこの場合であっても、毎日継続的に歌などで発声練習をすることによって、高齢化による衰えを防止することが可能です。
一人で歌っているとモチベーションが下がってしまう場合は、デイサービスや町内会などの仲間と一緒に歌う事をオススメします。
また、新聞や本を読むときに、黙読するのではなくて、声を出して読む事が発声練習の1つの方法となります。
高齢者の中には、新聞を毎日読む人がいるので継続しやすい練習方法だと言えます。
また、同居している家族がいる場合は、しりとり等の言葉遊びをする事も、声を鍛える練習となります。
特に孫がいる高齢者は、しりとりを楽しく行う事ができる環境だと言えます。
このような日常生活の中に、発声練習の方法があります。

スポンサーリンク

高齢者が発声練習をする方法としては、複数の手段が考えられます。
まず1つ目として、デイサービスや老人センターを利用して、看護師の方や福祉施設のスタッフの人に、声を鍛える練習を質問すると良いでしょう。
なぜなら看護師の方々は、高齢者が負担なく発声できる方法を知っている場合が多いからです。
若い時と違って、高齢化すると身体に負担が必要な練習は避けた方が良いでしょう。
例えば腹式呼吸を鍛える場合においても、若い人と比較して、十分に休憩時間を確保する事が得策となります。
また1日で発声を鍛えるという発想は身体を痛める事に繋がります。
そのため1日で成長しようという発想ではなくて、気長にのんびりと発声を鍛えようという意識が大切となります。
また、このように気長に練習をした方が、三日坊主にならずに毎日楽しく継続して練習を出来ることに繋がります。
一人で発声の練習をしていると、退屈してしまう場合があるために、仲間に声を聞いて貰うなどの工夫も大切となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

高齢者向けの発声練習はカラオケの上達だけではなく健康効果も
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
パタカラ体操の発声練習が高齢者の健康に最適
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
高齢者の発声練習と評価方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
高齢者の発声練習における発声方法と得られる効果について
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について