鼻腔共鳴 練習 方法

鼻腔共鳴のための練習方法

スポンサーリンク

 喉に力をこめずにハミングすると、鼻が振動するかのように声が響きます。
これがいわゆる鼻腔共鳴で、鼻腔に声が反射することで響きます。
鼻腔共鳴はなによりも声が響くことで、綺麗に響けば声の抜けも良くなります。
それゆえにカラオケなどで歌う時はもちろんですが、話をする際にもはっきり聞き取ることが出来るというメリットがあります。
逆に響きが弱ければたとえ力を込めて発声したとしても、聞こえにくいといったことにもなります。
そのために鼻に声を響かせることはいろいろなメリットもあるので、練習してテクニックを身に着けると良いでしょう。
そのための方法としては、基本的にはハミングをすれば自然に鼻腔に声が響きますので、まずは感覚を身に着けるためにハミングをしてみましょう。
ちなみにハミングは簡単に言えば、口を閉じた状態で歌う鼻歌のようなもので、口を閉じているために声は口よりも鼻を通ることになります。
また歌の練習ならば、音階をつけることも忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク

鼻腔共鳴のための練習方法としてはハミングを取り入れたトレーニングがもっともわかりやすくて簡単ですが、他にも鼻の付け根に息を流し込んだり、声が鼻を抜けていくといったイメージを持つことも大切です。
ちなみにイメージは、眉間や頭頂部から声を出すといったことも効果的です。
そして呼吸に関しては腹式呼吸を行い、喉に余計な力を込めないようにした発声方法も有効的です。
そもそも喉に力を込めてしまうと声そのものが出にくくなりますし、口腔内を狭めてしまうために音が響かなくなってしまいます。
それゆえに口腔内を広く保ち、軟口蓋を上げるようにしましょう。
こうしていろいろな場所や声の強弱などを試してみて、共鳴の仕方の変化を理解できれば、あとはそれを繰り返すだけのトレーニングで、鼻腔共鳴のコツはつかめたも同然です。
そうなれば口を開けた状態で歌いながら共鳴させることも出来るようになります。
そして鼻腔共鳴で大切なポイントとしては息の強さではなく共鳴によって声量が出ることですので、そのことだけは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

鼻腔共鳴のやり方やコツ
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴のトレーニングと感覚
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴によって歌で高音を出せるようになる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について