鼻腔共鳴 やり方 コツ

鼻腔共鳴のやり方やコツ

スポンサーリンク

プロのように歌ったりもっと声を大きくしたいと思っている人は、鼻腔共鳴を覚えるといいでしょう。
鼻の空洞部分で音を共鳴させることで、声が響き渡り上手に歌えるようになるのです。
鼻腔の空洞は口の上や喉の上にあるので、意識して上部に声を出さなくてはいけないのです。
鼻腔共鳴のやり方では最初に指で鼻をつまみ、鼻の空間に息を溜めます。
指を離すと同時に、鼻の空気を出しながら「うー」と言ってみましょう。
声と鼻から勢い良く空気がでていることが大切です。
次は長めに声を出してみて、「うー」と言っている間に「なー」と言ってみましょう。
やり方が難しいと感じる場合は、ハミングをすることがおすすめです。
口をしっかり閉じてハミングすることで、コツを掴むことができるでしょう。
次第に口を開いていてもできるようになるでしょう。
鼻腔共鳴のコツは、頭のてっぺんから音を出す気持ちをもつことです。
腹式呼吸を行い、喉に余計な力が入らないようにすることもコツの一つでしょう。
鼻腔は頭の方向にあるので、鼻腔を響かすことができるのです。

スポンサーリンク

鼻腔共鳴ができるようになると、声量が大きくなり高音もでるようになるのです。
大声を出す必要がなくなるので、喉を痛めることもないでしょう。
マイクへの声のノリも良くなり、声に響きがでるようになるのです。
カラオケに行く場合は、長時間歌い続けても声が枯れることはないのです。
歌う時だけではなく、話をする時にも活躍する方法なのです。
鼻を摘むことで誰でも共鳴することはできますが、歌いながら行うやり方は難しいでしょう。
そんな時は、歌うときに鼻から息を出しながら歌ってみるといいでしょう。
鼻から息を通すことによって、強制的に鼻腔に共鳴を起こさせているのです。
な行は、鼻にかかって発音されているので鼻腔への響きを多く感じることができるでしょう。
練習する時は、な行から始めてみるのもおすすめです。
上手く鼻腔共鳴ができない人は声帯閉鎖が甘い、腹式呼吸ができていない、喉閉め声で歌っているなどが考えられるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

鼻腔共鳴のための練習方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴のトレーニングと感覚
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴によって歌で高音を出せるようになる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について