鼻腔共鳴 トレーニング 感覚

鼻腔共鳴のトレーニングと感覚

スポンサーリンク

 鼻腔共鳴とは、声として発した音がアデノイドという部位にぶつかり、反射して鼻腔で響くことを言います。
初心者でも、口の奥の喉のほうから鼻の付け根辺りで音を感じる感覚があると言われますが、トレーニングがある程度必要です。
鼻腔共鳴をすることで、高音が楽に出せるようになり金属のような甲高く繊細な音を出すことが可能になります。
鼻の奥には、鼻腔という空間が存在していてその空間を通り過ぎて奥にはアデノイドという部位があります。
アデノイドのすぐ下に上咽頭という部位があり、上咽頭から更に下にいくと食道や気管につながっています。
アデノイドに音をぶつけて鼻腔で大きく響かせるためには、トレーニングが必要になります。
鼻腔共鳴が上手く出来るようになると、鼻の奥深い部分や頭のほうまでびりびりと振動が伝わるような感覚を得ることが出来ます。
その為には、喉の奥のほうの力を抜いてよりリラックスした状態で声を出すようにトレーニングすることが大切であると言われています。

スポンサーリンク

鼻腔共鳴を行うことの最大のメリットは、声量が上がるということです。
しっかりと通る声を出すためには欠かせません。
鼻腔共鳴をスムーズに行うためには、声を天井に向かって出すような感覚で発声すると良いと言われています。
実際は口から発生しますが、感覚としては腹の奥から天井に向かって声を出すような感じで発声すると良いと言われています。
一番最初は、お腹の底から天井に向かうように声を出し、喉の奥を開くように力を抜いてその後アデノイドに音をぶつける感じで振動が鼻腔全体に行き渡るように、鼻の奥や付け根が震えるように意識しながら発声するようにします。
鼻腔共鳴を行う時は、口をあまり開かずに発声する時も大きく開いて発声する時も振動が鼻腔全体に響くことをイメージしながらすると良いと言われています。
初めは、口を閉じた状態で発声するとやりやすいと言えます。
口は閉じた状態で、喉の奥はあくびをしているような状態で開きながら発声すると上手く出来るようになると言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

鼻腔共鳴のための練習方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴のやり方やコツ
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
鼻腔共鳴によって歌で高音を出せるようになる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について