司会 発声 練習

司会をする前には地道な発声練習が大切

スポンサーリンク

 人前に立って演説をしたり、司会で挨拶をしている人を見ていると「なぜあんなにスムーズな滑舌で、大勢の前で話ができるのだろう」と思う人も決して少なくはないはずです。
しかし上手に演説をしたり、司会を行っている人ほど実際には見えない部分で発声練習をしているのです。
言わば人前で司会をするというのは発表会のようなもので、その影には毎日の発声練習の成果があるからこそ大勢の前で堂々と発言をしたり、あるいは司会をする事ができるとも言えるでしょう。
発声練習の簡単な方法としては、クルマの中のステレオを活用してラジオをかけてから、そのナレーターのトークをそっくりに真似する事です。
この方法ならクルマの中での個人練習なので、他人から練習を聞かれず恥ずかしい思いをする心配もありません。
カラオケボックスなどで一人で発声練習をするのも有効ですが、クルマの中なら通勤の移動中でも手軽にトレーニングが可能です。
ただし走行中に行う時には、あまりトレーニングに気を取られすぎて事故を起こさないように十分注意しながら適切に行いましょう。

スポンサーリンク

発声をする時には、若干やや上を向いて声を出すようにすると声の通りが良く綺麗な声が出やすくなります。
小学校の音楽の時間で発声の時の姿勢を習ったと思いますが、この時の事を思い出して正しい姿勢によってトレーニングを行う事が大切です。
伝えたい内容がパッと思い浮かばない時には、セリフをあらかじめ用意してそのセリフを読み上げるようにしながらトレーニングを行います。
最初は文章を読み上げるのがぎこちなくても不安になる事はありません。
誰しも最初はぎこちないトレーニングが出発点です。
それに自信を持って大きな声で堂々としていた方が、客観的に見たときの印象が格段に良くなるのです。
政治家はテレビやラジオ、街頭など場所を問わず演説していますが、しかし良く聞いていると時折滑舌が悪くなってしまったり、むせてしまったりする事もあります。
けれども堂々とした態度で伝えていると不思議と些細なミスも気にならなくなるのです。
そのため司会をする時には自信を持って本番に望めるよう、地道なトレーニングを積み重ねる事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加