ブルガリアンボイス 出し方 発声練習

ブルガリアンボイスの出し方の発声練習について

スポンサーリンク

 「ブルガリアンボイス」と言うものが、ひそかに話題になっているのですが、動画などで確認したら一度は見たり聞いたりした事があると言う人もいらっしゃると思います。
一度耳にするとなんだかとても気になってしまう、癒やされる感じの不思議な歌い方で、どのような声の出し方をしているのか真似をしてみたくなってしまいます。
と言う訳で、ここでこれからそんなブルガリアンボイスの出し方の発声練習方法をご紹介していきます。
まず、ヨーロッパのブルガリア地方に古くからある女声コーラスの事で、独特のハーモニーと歌い回しで素朴ながらも力強い響きがあります。
ブルガリアンボイスなどブルガリアの民謡は、ビブラートをかけないのでまっすぐで力強い声の出し方で優美な地声と不協和音を多用する神秘的なハーモニーが特徴で、日本の民謡に似たこぶしなども魅力のひとつです。
独特の歌い方なので、どのような発声練習をしたら歌えるようになるのか気になってきます。
これからさらに発声練習方法について書いていきます。

スポンサーリンク

一般的な合唱では、声が頭の先から柔らかく抜け出ていくように意識する出し方の頭声発声法を用いるのですが、ブルガリアンボイスでは喉の奥から直接絞り出し、聞く人の耳に突き刺さるような声の出し方をします。
ブルガリアンボイスの発声練習方法の基本で大事な事は、声を伸ばす箇所でしっかりと足とお腹に力を入れて腹式呼吸をする事です。
また、ブルガリアンボイスの声の出し方の発声練習方法で大事な事は、ゆっくりとした腹式呼吸の中で、声の揺れや抑揚を調節して音を切らずに一息で歌い切るようにします。
これは、特徴であるポピュラーミュージックやクラシックなどで用いられるビブラートとは発声法が異なり、どちらかと言えばそれよりも日本の伝統的な演歌や民謡で用いられるこぶしに近く、このビブラートのようなこぶしを表現する為に大事な事です。
今回ご紹介した発声練習で、神秘的でどこか癒やされるような独特の歌い方に是非挑戦してみてほしいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加