ミュージカル 発声練習 発声方法

ミュージカルでの発声練習、発声方法について

スポンサーリンク

 ミュージカルを1度でも鑑賞した方なら分かると思いますが、その発声方法は実に独特です。
遠くまで響く、とても張りのあるハキハキとした声でセリフを発し、歌を歌います。
その練習法は、実は一般の喋り方にも通じるものがあります。
今回は、その発声練習のいくつかをご紹介したいと思います。
 1つ目は、腹式呼吸の練習です。
これは、腹部を使っての呼吸法です。
息を吸い込む際に、お腹にも空気を溜めこむようなイメージで膨らまし、吐き出す際にお腹をへこませます。
このような形で呼吸を行うと、通常よりも深い呼吸ができるようになり、体がリラックスします。
体が緊張している状態だと、声は遠くまで響きません。
全身がリラックスする事によって、体全体が柔軟に動くようになり、声も響わたるものになるのです。
 腹式呼吸に関しては、一朝一夕にできる事ではありませんが、単なるリラックス法としても利用できます。
是非とも憶えておきたいテクニックの1つです。

スポンサーリンク

 もう1つのミュージカルの発声練習として、母音の練習が挙げられます。
日本語の文字の種類は多くありますが、それを突き詰めると母音の5音から成り立つ事があります。
つまり、母音の発声がしっかり出来ていないと、その他の言葉もうまく聞きとる事ができません。
 『あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ』のように、母音を少しずつずらして発声をすると、非常に効果的です。
また、セリフの全てを母音で話すという発声方法があります。
例えば、『おはようございます』という言葉は母音だけにすると『おあおうおあいあう』となります。
このような形で、母音をしっかり練習し、その後にセリフに直すと、ハッキリした言葉に仕上がります。
 このように、ミュージカルとは縁遠い人だったとしても、その発声練習に関しては一般社会で通じるものがあります。
道具もいらず、その場で出来るものばかりです。
気になった方は、まずはこれらの発声方法を試してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加