喉を痛めない発声方法 発声練習

発声練習でポイントとなる喉を痛めない発声方法

スポンサーリンク

 発音の聞き取りにくさに悩む場合や、噛む力や飲み込む力が乏しくなる高齢者の方、歌唱力を高める目的など、様々な意味合いで発声練習を行うケースが挙げられています。
声帯を意識しながら動かすものの、疲労が残ったまま発声練習を続けることによっては喉を痛めてしまいやすく、負担を掛け、声が出にくい状態を招きやすくなります。
喉を痛めない発声方法としては腹式呼吸による発声を意識し、喉に違和感を感じた場合には休息を取ることも重要です。
また、喉を痛めない発声方法に必要なのは口周りや舌の筋力アップを図ることを挙げることができ、筋力が低下することで舌の位置が下がり、気道を塞ぎ、喉を酷使した発声練習を行いやすくなり、喉を痛めてしまう原因に繋がります。
トレーニング法としては口周りや舌の筋肉運動や、声帯を開く意識が大切で、リラックスした状態で行うことも重要ですし、乾燥した環境ではなく、ある程度湿度のある環境下で発声練習を行うことも重要な意味を持っています。

スポンサーリンク

喉を痛めない発声方法として準備運動から始めることもポイントで、自然に発することができる中低音の音程で腹式呼吸を意識することで肺機能もしっかり働きます。
喉を拡張させた発声は喉の力を抜くことが重要で、腹式呼吸によってお腹の底から声を出すことで正しい呼吸法に直結し、喉も自然に開く効果も期待でき、声帯に負担が掛かりにくくなる利点が挙げられています。
喉を痛めない発声方法も実に様々あり、高齢者向けにはパタカラの言葉遊びからトレーニングができ、歌唱力に繋げる目的では舌を突き出したり引っ込めたり、小刻みに動かしたり丸めたりなどの筋力アップのトレーニングをはじめ、唇をしぼめたり大きく口を開けるなど、口角を意識しながら大げさなアクションがポイントです。
硬直しやすい筋肉を柔らかくする一工夫により、リラックス効果はもちろん、筋肉もスムーズに動き出すことができます。
朝、起床して直ぐに発声練習するのではなく、温かい飲み物で口を潤した後、準備運動から始め、練習後も喉を休めるためにのど飴などを舐めるなど、ケアすることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加