滑舌 割り箸 やり方

割り箸を使った滑舌を良くするやり方

スポンサーリンク

滑舌を良くするやり方のひとつに、割り箸練習法というものが存在しています。
やり方は、割り箸を口にくわえて声を出して文章を読むという簡単なやり方なのですが、アナウンサーが行っている発生練習法でもあります。
割り箸は割らずに、横向きの状態で口にくわえて、読むトレーニングを行ないます。
舌の筋肉を鍛えるために、縦にくわえるやり方もあります。
比較的短時間で効果が出る発生練習法であり、アナウンサーのほかにも話し方教室やボイストレーニングなどでも実践されている方法です。
 この練習法は、滑舌が悪くて、はっきりした音にならない言葉があったり、いわゆるろれつが上手く回らずに、文章を読んでいる途中や話している途中でかんでしまうといった状態を、改善させることができるトレーニング方法となります。
滑舌をよくするためには、舌の筋肉を鍛える必要があります。
割り箸さえあれば、自宅ででも簡単に舌の筋肉を鍛えることができる方法となりますので、滑舌をよくしたい方におすすめします。

スポンサーリンク

 舌を鍛える具体的なやり方について、ご紹介します。
割っていない割り箸を2本用意し、口の両端にくわえます。
縦にくわえ、箸の先端側が口の中にある状態にします。
舌先を下の歯の裏側につけて、「らあ・たあ・なあ・かあ・さあ」と声に出して発音します。
ポイントは、舌を動かすことです。
この練習法は、くちびるが動かないように唇の動きを封じた上で、舌だけを使って発音を行なうというやり方ですので、舌全体の筋肉を均一に鍛えることができます。
 割り箸を使った滑舌練習法は、長く行なえば効果が出るというトレーニング方法ではありません。
逆に長時間続けると、口元の筋肉や舌の筋肉にダメージを与えてしまいますのでNGとなります。
毎日時間を決めて、1分程度でかまいませんので継続して行うということが重要です。
毎日1分継続してトレーニングすることで、言葉をかまなくなります。
ちなみに、滑舌とは活舌とも書き、言葉を発音するための舌や口のなめらかな動きのことをいいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について