滑舌 トレーニング 割り箸

割り箸で滑舌トレーニング

スポンサーリンク

人前で話すときや、発声練習を行うときなどに、滑舌が良くないことが悩みの一つになることがあります。
滑舌が悪いと、言葉がくっきりと明瞭に発音できないため、気持ちが伝わりにくかったり、表現力が下がってしまったりなどのデメリットがあると思います。
滑舌が悪くなっている原因として、呼吸法や舌の位置などさまざまなものがありますが、口を動かすための表情筋や舌の筋肉が鍛えられていないことが最も大きな要因です。
これらの筋肉をトレーニングしていけば、滑舌の劇的な改善が可能となります。
とても手軽に自宅でも行えるトレーニング法として、割り箸を使ったトレーニングがあります。
割り箸を口にくわえて発音練習を行うことで、口を大きく開いた状態で舌をしっかり動かすことができます。
このトレーニングでは舌の筋肉が鍛えられるだけなく、表情筋までが鍛えられるので非常に効率的に滑舌を良くすることができます。
効果があらわれるのが他のトレーニングに比べて早いのも魅力です。

スポンサーリンク

まず、割り箸を二本用意してください。
割らない状態で太い側を縦にして左右両方の奥歯にくわえます。
この時強く力を入れて噛む必要はありません。
割り箸をくわえたまま、普通に会話や発声練習を行うだけでも十分な効果があるのですが、今回はさらに効果的なトレーニング方法を具体的に紹介します。
割り箸を少し八の字にして開き気味にくわえ、舌を大げさに動かすようにしながら、ら行、た行、な行、か行、さ行の音を発音します。
声はしっかりと出し、母音を意識するように発音してください。
慣れてきたら、それぞれの行の中で発音しにくいと感じる音を集中的に練習します。
この練習で今まで使われていなかった舌の筋肉が使えるようになるため、より良い発音ができるようになります。
一度に無理をして長時間行うよりも、毎日継続していく方がより高い効果を期待できます。
舌や表情筋をまんべんなく鍛えることで、滑舌の改善だけでなく発声の改善、表情が豊かになるなどの嬉しい効果もあります。
ぜひ継続して行ってみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について