滑舌 良くする方法 割り箸

簡単にできる、割り箸を使った滑舌を良くする方法

スポンサーリンク

 友だちと話している時によく聞き返される、電話時に「お電話が遠いようですが・・」と言われる、何となく話がかみ合っていない気がする・・などこんな状況になったことはありませんか。
これはひょっとしたら、滑舌が悪いのかもしれません。
自覚がない人でも、実は周りにとって聞き取りづらい話し方をしているのかもしれません。
滑舌が良いのかチェックする方法がいくつかあります。
まず、「トゥルルル」と早く言えるかどうかです。
滑舌には舌根の柔らかさが多少関係してきます。
次に、口呼吸・姿勢が悪い・歯並びが悪い・喫煙などが原因の一つとして挙げられます。
これらによって、口周りや舌の筋肉が衰えることになり、悪い変化が起こってしまいます。
滑舌を良くする方法としては、思いっきり笑ったり、少し大げさに口を動かして話したり、生活習慣を良くするなど、少し気にするだけで良いのです。
表情を豊かにすると、明るく好印象を与えることも出来ます。
口周辺の筋肉を鍛えつつ、コミュニケーション能力も自然と上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

滑舌を良くするには、割り箸を使ったトレーニング方法もあります。
まず舌の筋肉を鍛えて、言いにくい音を改善させるものです。
割っていない状態の割り箸を2本用意し、口の両端に縦にくわえます。
そして、舌を下の歯の裏側に付け、「らあ、たあ、なあ、かあ、さあ」と発音します。
これは、口の動きを制限することによって舌を中心とした発音を行うことを目的にしています。
このときに、母音を意識して発音すると、より鍛えることができます。
次に、歯切れを良くする方法です。
割り箸の太い方を奥歯でくわえます。
歯にはあまり力をいれずに、ずれない程度にします。
そして「らたなかさ」と何回か発音します。
そうすることで、舌全体が鍛えられ、より効果が期待できます。
こうしたトレーニングを、まずは一日一分程度でいいのでしてみてください。
続けることが大事なので、あまり無理せずに行うこともポイントです。
続けることによって段々と成果が出て、実感できるものになっていきます。
ぜひ、滑舌を良くする方法を試してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

割り箸を使った滑舌を良くするやり方
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌を良くするために割り箸が利用されるのはなぜなのか
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸で滑舌トレーニング
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸による滑舌改善の効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を利用する滑舌練習の方法 効果
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌の改善には奥歯に割り箸を使う
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
福澤朗氏の滑舌訓練は割り箸でもできる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
サ行が言いにくいのは滑舌が悪い証なので割り箸で改善しよう
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
滑舌改善で割り箸を口にくわえる
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使って滑舌を改善する方法
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について
割り箸を使った滑舌改善の発声方法とは
会話・プレゼン・合唱・カラオケなどの発声練習や発声方法の仕方について