会話 プレゼン 合唱 カラオケ 発声練習 発声方法

鼻腔共鳴 練習 方法 やり方 コツ トレーニング 感覚 歌 高音記事一覧

 喉に力をこめずにハミングすると、鼻が振動するかのように声が響きます。これがいわゆる鼻腔共鳴で、鼻腔に声が反射することで響きます。鼻腔共鳴はなによりも声が響くことで、綺麗に響けば声の抜けも良くなります。それゆえにカラオケなどで歌う時はもちろんですが、話をする際にもはっきり聞き取ることが出来るというメリットがあります。逆に響きが弱ければたとえ力を込めて発声したとしても、聞こえにくいといったことにもな...

プロのように歌ったりもっと声を大きくしたいと思っている人は、鼻腔共鳴を覚えるといいでしょう。鼻の空洞部分で音を共鳴させることで、声が響き渡り上手に歌えるようになるのです。鼻腔の空洞は口の上や喉の上にあるので、意識して上部に声を出さなくてはいけないのです。鼻腔共鳴のやり方では最初に指で鼻をつまみ、鼻の空間に息を溜めます。指を離すと同時に、鼻の空気を出しながら「うー」と言ってみましょう。声と鼻から勢い...

 鼻腔共鳴とは、声として発した音がアデノイドという部位にぶつかり、反射して鼻腔で響くことを言います。初心者でも、口の奥の喉のほうから鼻の付け根辺りで音を感じる感覚があると言われますが、トレーニングがある程度必要です。鼻腔共鳴をすることで、高音が楽に出せるようになり金属のような甲高く繊細な音を出すことが可能になります。鼻の奥には、鼻腔という空間が存在していてその空間を通り過ぎて奥にはアデノイドという...

 人間の顔には鼻腔と呼ばれる部分が存在しており、ここを共鳴させることによって歌を歌う時に高音を出しやすくなります。これを鼻腔共鳴と呼ばれており、綺麗に高音を出す際には欠かすことが出来ない技術やスキルとなっています。人が一般的に声を出している時には、主に喉の奥から出しているケースが多くなっています。それによって日常生活をするに至って、人と会話をしてコミュニケーションを取っていく流れとなっています。そ...