発声障害 仕事

仕事中のストレスが原因で発声障害を発症した時の対処法

スポンサーリンク

発声障害とは声がかすれて聞き取りにくくなったり、完全に声が出なくなったりする症状のことです。また、声を出そうとすると苦痛を感じるようになったり、最初は普通に声が出るのに徐々に声が細く弱くなったりする場合もあります。発声障害の原因は遺伝子異常や構造異常などの先天性要因と呼吸器疾患や発声器官の障害などの後天性要因の2つに大別されます。また、後天性要因には上記のような身体的要因だけでなく、仕事でのストレスなどの精神的要因も含まれます。仕事などが原因でストレスが溜まると自律神経が乱れて交感神経が優位になることがありますが、交感神経が優位になると発声のための筋肉を動かす働きがある迷走神経の機能が低下するので発声障害を発症するようになると考えられています。ストレスに対する耐性は個人差があるので、仕事中にどれくらいのストレスを感じると発声障害を発症するかは個人差があります。ただし、一般的には仕事中に執拗な嫌がらせを受け続けたり、理不尽な要求を受け続けたり、ほとんど休日がなかったりするなどの強いストレスを慢性的に感じることで発声障害を発症することが多いとされています。

スポンサーリンク

仕事中のストレスが原因で発声障害を発症した場合は精神科で治療を受けるのが有効な対処法です。声帯に異常を感じる場合は内科や呼吸器科を受診するのが一般的ですが、検査をしても身体的異常が見つからない場合はストレスが原因と判断されるので精神科を紹介されることもあります。精神科では薬物療法などが行われることもありますが、発声障害を根本的に治療するには発声練習を行う必要があります。どのくらい発声練習を続ければ症状が改善するかは個人差がありますが、人によってはかなりの長期間発声練習をし続けなければ症状が完治しないこともあります。そのため、なかなか症状が改善しないからといってあせらずに根気強く発声練習を続けることが大切です。仕事でのストレスが原因で発声障害を発症した場合は適度にストレスを発散したり、物事に対する考え方を変えてみたりしてストレスが溜まらなくすることも大切です。また、一時的に仕事を休めればよいのですが、それが難しい場合は転職や転勤も選択肢の一つになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加